campdog のファミリーキャンプ日記

30代夫婦+小学生娘2人+チワワ1匹

とても大きい!DODのオクラタープで快適デイキャンプ

f:id:uska:20210603221749p:plain

 

これから暖かくなってきて、キャンプするのにとても気持ちいい季節になってきた。というか、もうちょっと暑いくらいかもしれない。日差しを避けられるタープはこれからの時期にはとっても重宝する。我が家で初めて購入したタープ、DODのオクラタープがとってもよかったので紹介したい。

 

設営も簡単、軽くてコンパクト!

これまでは、ずっとワンタッチタープを使っていた。タッチタープは骨組みがしっかりしていて、設営も簡単なのでとても便利だ。

ただし設営が簡単な分、重くて場所を取ることが悩みだった。我が家はそんなに保管場所もないので、キャンプ道具は可能な範囲で車に積みっぱなしにしておきたいので、なるべく省スペースなものがいい。ということで、DODのオクラタープを購入した。DODのオクラタープは軽くてコンパクトだ。そして設営も簡単、家族4人でも十分に使えるサイズ感もありがたい。

f:id:uska:20210603225627j:plain

基本スペック/オクラタープは家族4人でも十分な大きさ

DODのオクラタープの寸法は、5.1m×5.1mとは、数あるタープの中でも比較的大きく、家族4人でテーブルとチェアを置いても十分覆ってくれる。さらに難燃性のポリコットンでできているので、ちょっとした雨の日でなんかだと、焚き火もタープの下でできる。

f:id:uska:20210603230907j:plain

f:id:uska:20210603230107p:plain

公式サイトから引用
カラー  タン/ブラック
希望小売価格  19,799円(税込み)※2021.6.3時点
サイズ  (約)W510×D510cm
収納サイズ  (約)W61×D18×H18cm
重量(付属品含む)  (約)4.2kg
材質  ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
最低耐水圧  350mm
付属品  ガイロープ、キャリーバッグ
※注  ポールは別売り 要購入

 

ちなみにポールは付属していないので、別途購入が必要だ。DODのビッグタープポールが同じメーカーなので親和性があると思う。基本的にはメインポールは最低でも2本必要だと思う。価格は1本で3,063円(税込み)。※ビックタープポールは1本しか入っていないので注意
 

 

あとはサブポールが2本から4本あると、よりタープの下を広く使うことができる。
張り方のバリエーションが増えるので4本(2セット)くらい買っておいてもいいと思う。※サブポールはひとつ注文すると2本入っている
8か所にポールを立てられる穴がついているので、ポールの数次第でかなり張り方にバリエーションを持たせられる。

f:id:uska:20210603233338p:plain

公式サイトより引用

DODのオクラタープの設営方法はとても簡単

設営は単純で簡単。ビックタープポール2本をオクラタープの両サイドの穴にひっかけて、ペグとガイロープで固定するだけ。これが基本形だと思う。

DODのビックタープポールを組み立てる

太く、少ししなっても大丈夫そうな感じ。簡単に組み立てられる。

f:id:uska:20210604210856j:plain
f:id:uska:20210604210906j:plain

先っちょが、フック状になっているので、タープもガイロープもはずれにくい仕組みになっている。

f:id:uska:20210604210923j:plain

ペグを打ち込みガイロープとビックタープポールをつなぐ

まずビックタープポールを立てる位置をある程度決めて、ペグを事前に打ち込んでおく。そしてビックタープポールとペグをガイロープでつなげ、ビックタープポールが自立できるようにガイロープの長さを調整して、ビックタープポールが自立できるように固定する。これを両サイドで行う。

f:id:uska:20210604212837j:plain

そうするとこんな感じで自立してくれる。コツとしては、まずペグを打ち込んでおき、ビックタープポールを手で持ちながら、ガイロープの自在金具で長さを調整すること。

f:id:uska:20210604213152j:plain

オクラタープにガイロープを付けて屋根上に張り広げる

オクラタープには、ガイロープを通す箇所が、全部で8か所ある。ガイロープで地面と固定してもいいし、サブポールを立てることで少しタープ下を少し広く使ってもいい。もちろん、ビックタープポールを通してもいい。我が家はサブポールを使った。これで完成!とても簡単だ。

f:id:uska:20210604213903j:plain

ちなみにガイロープはカラビナを使うことで、もやい結びを毎回やる手間が省けるのでお勧め。

f:id:uska:20210604214050j:plain
f:id:uska:20210604214131j:plain

www.campdog.info

テントの下で焚き火も!パパがタープの外で独りぼっちにならない。

DODのオクラタープは、ポリコットンという難燃性の素材を使用しているので、タープの下で焚き火ができるのが特徴だ(完全に燃えないわけではないのでやりすぎ注意)。タープの下でBBQができるので、焼いてるパパだけタープの外で独りぼっちということにはならない。みんなで火を囲んで、BBQもできる。これが一番うれしかった(笑)

f:id:uska:20210604214957j:plain

ちなみに撤収も簡単で、DODのビックタープポール2本、サブポールひと組(2本)ならば、ビックタープポールの収納袋に収まる。

f:id:uska:20210604215954j:plain

 まとめ(家族におススメできる大きなタープ)

DODのオクラタープは、
 ①家族4人で使えるほど大きくて、
 ②設営も撤収も簡単で、
 ③コンパクトで軽い、
 ④家族で焚き火を囲んでBBQができる。 
そしてなんかおしゃれだ。ゆったりとタープの下でくつろぎたいカップルや、大人数で行くキャンプ、家族でいくキャンプには是非ともおススメしたい。
 

 

 

 
ちなみにタープの下でBBQしたのは、スノーピークのジカロテーブルを使った。これも最近買ったばかりなので、いつかレビューしたいと思う。