campdog のファミリーキャンプ日記

30代夫婦+小学生娘2人+チワワ1匹

子ども用のKEEN ニューポートシューで、アウトドアも学校もこれ一足で!

f:id:uska:20211003222004p:plain

キャンプで使えるアウトドア用のスニーカーやシューズで、子ども用というのが意外と少ない。自分が知る限りで、おススメはTEVAのモックシューズ。TEVAには、ちゃんと子供用のサイズ(15.0~)がある。我が家では全員がキャンプ専用として持っている。

www.campdog.info

ただ、TEVAのモックシューズの欠点をあえて挙げるとするならば、キャンプでしか履けないということ。オトナであれば問題ないが、子どもは成長が早いので、キャンプだけでしか履けないとなると、どんなにいいシューズを購入しても、履ける機会が限られてしまう。なのでキャンプだけでなく、学校に行く時など、日常生活でもずっと使える、機能的でちょっとオシャレなシューズが欲しいと思っていた。そこで目を付けたのが、KEEN(キーン)が新しく出したニューポートシューというもの。今回このニューポートシューを入手したので、レビューしたい。

そもそもKEEN(キーン)ってなんだ??

KEENというのはけっこう新しいブランドらしい。ちょっとだけ調べてみた。

KEEN(キーン)というブランド

KEEN(キーン)は2003年に米国カリフォルニア州で設立された主にアウトドア用のシューズを展開するブランド。設立が2003年と比較的新しいブランドではあるが、日本でももうすでに市民権を得ているというのは正直驚きだ。

f:id:uska:20211003223008p:plain

公式サイトより引用

上記のようなKEENというロゴが入っているシューズ、特にここ最近見たことある人多いと思う。実は自分が知ったのもここ数年の話。アウトドアが好きな先輩が会社用でKEEN(キーン)のジャスパーというシューズを履いていたのが知ったきっかけだった。最近は結構履いている人を見る。(スーツに合わせるなんてかなり上級者だと、、)。

KEEN(キーン)のシューズの大きな特徴

KEEN(キーン)のシューズでブランドの知名度を一気に押し上げたのが、ニューポートというサンダル。このニューポートの大きな特徴は、つま先の部分がしっかりと保護されていて、サンダルにも関わらず足がしっかりと守られていると感じるところ。なんというか安心感というものが違う。そしてどのシューズもとにかくメチャクチャ作りがしっかりしている。おそらく相当長く履くことができる。これらはKEEN(キーン)のすべてのシューズにも共通して言える特徴だと思う。

子ども用のスニーカー:KEEN(キーン)のニューポートシュー

今回手に入れたのが、ニューポートシューという子ども用のスニーカータイプのもの。

最も売れたKEEN(キーン)のサンダルのスニーカータイプ

ニューポートシューは、原点ともいうべきKEEN(キーン)のニューポートのスニーカータイプのもの。ちなみにこのニューポートシューは大人用がない。

  ニューポート(大人用・子ども用サンダル)

  ニューポートシュー(子ども用スニーカー)

ちなみに色は全部で、4種類。女の子なのでピンクが入っているものにした。色味はレインボーからのものもおしゃれだが、全体的に大人っぽい色使いが多い。

f:id:uska:20211003221630j:plain

素材について/脱ぎ履きしやすいマジックテープ仕様

とにかく作りがしっかりしていて、かといってそこまで重さも感じない。小学校に毎日履いて行って、ガシガシ使っても絶対大丈夫だと思う。また脱ぎ履きもしやすく、マジックテープ仕様になっているのもありがたい。

下記、素材については公式ホームページを引用

  • UPPER : レザーと通気性に優れたパフォーマンスメッシュを採用。

  • OUTSOLE : プラスチックとゴムの中間の性質を持ち、リサイクルも可能。軽量性と耐久性に優れたTPRアウトソール。

  • MIDSOLE : クッション性に優れ、リサイクルも可能なTPRミッドソール。

  • LINING:高い通気性と速乾性に優れるメッシュライニングが、ドライで快適な履き心地を提供。

  • FOOTBED : 空気を注入することで、重力から解放されたような快適性とサポート性を一日中発揮し続けるLUFTCELL PUフットベッド、取り外しも可能。

f:id:uska:20211004003024j:plain
f:id:uska:20211004003034j:plain
f:id:uska:20211004003107j:plain

サイズは11.5㎝~ 少し大きめサイズで長く履くのがおススメ

ニューポートシューのサイズは以下。サイズによって下記に分類されている。

トドラー   :11.5㎝~14.5㎝

リトルキッズ :15.0㎝~19.5㎝

ビッグキッズ :20.0㎝~23.5㎝

ちなみに口コミを見ると、サイズはワンサイズ大きめのものを買った方がよいというコメントが多かったので。我が家の次女は22.5㎝を購入した(普段は21.5㎝を履いている)。子ども曰く、サイズ自体は少し大きいがフィット感があるので気にならないとのこと。マジックテープで固定でき、さらにくつひも部分にもアジャスターがついているので簡単に調整できるから多少大きくてもあまり履きづらさは感じないようだ。

作りがかなりしっかりしているので、少し大きいサイズを買って、長く履くのがよいかなと思う。

f:id:uska:20211004000849j:plain

実際に履いてみた子どもの感想は、

実際にデイキャンプで一日履いてみた子どもに聞いてみた。いつも新しい靴をはくと靴ズレを起こす娘が履き心地がいいと、うれしそうにしていた。履き心地が良いようだ。1㎝ほど大きめのサイズを買ったが、フィット感があるようで、あまり気にならないみたい。

f:id:uska:20211004001218j:plain

f:id:uska:20211004001529j:plain

まとめ

小学生の子どもたちはとにかくわんぱくで成長も早い。普通のシューズならば一年も保たないだろう。でもこのニューポートシューならば、けっこう乱暴に使ってもきっと余裕だと思う、というくらい作りがしっかりしている。

これ一足で、子どもたちの毎日の通学、遊び、キャンプ等のアウトドアなどすべてカバーできるのであれば、コストパフォーマンスは非常に高いのではないかと思う。さらに弟か妹がいるのであれば、お古として下の子も履けるのではないかというくらい(笑)。

以前、KEEN(キーン)の登山靴に興味を持ったことがあった。その時は購入には至らなかったが、今回子どものシューズを見て、さらに興味を持った。おとな向けも今度ショップで見ていたいと思う。

f:id:uska:20211004003500j:plain

 

www.campdog.info

www.campdog.info