campdog のファミリーキャンプ日記

30代夫婦+小学生娘2人+チワワ1匹

すごい保冷力!スタンレーのグロウラーの性能を検証

キャンプの時に以外と重要なのは飲み物の保冷や保温。冬は熱いお湯もすぐに冷めてしまうし、夏はすぐにヌルくなる。やっぱり冬は熱々のコーヒーを飲みたいし、夏はキンキンに冷えたビールを飲みたい。じゃないとテンション下がっちゃう。

ということで、今回は保冷機能に定評がある(らしい)スタンレーのグロウラーを買ったので、せっかくだからキャンプで使う前に性能を検証してみた。

f:id:uska:20210418215219j:plain

スタンレーのグロウラー 

そもそもグロウラーって何なの?

wikipediaを見ると「量り売りビールを買うための再利用式ビール瓶」とある。アメリカなどではビールをこうした水筒のようなものに入れてビールをテイクアウトするのは一般的らしい。ビールには炭酸が入っている。炭酸が抜けてしまったらビールなんてくそまずいだけだ。そして冷たくないビールなんて飲みたくもない。

つまりグロウラーは、キンキンに冷えたビールを持ち帰って美味しく飲むことができる魔法の水筒ってことらしい。

グロウラーの使い方

テイクアウト需要が伸びている

コロナの影響で、ウーバーイーツや出前館など、テイクアウト需要が伸びている。我が家も先日初めて使ったが便利だし、これからはこういう流れが主流になるかもしれないと感じた。飲み屋さん等の飲食店もテイクアウトは大部分のお店がやっているように思う。

これまで、飲み屋さんは、店内でお酒を販売することはできても持ち帰りの販売は別の免許が必要で許可されていなかった(らしい)。ただ2020年より、コロナで打撃を受けた飲食店に対し特別に小売りが許可される免許が出されることになった。つまりお酒もテイクアウトができるようになったということだ。

自宅でもキャンプ場でも美味しいビールが飲みたい

まだ気軽に外飲みができるような雰囲気ではない。我が家ももし飲みに行こうものなら、自宅内隔離、家庭内別居、軽蔑のまなざしを投げかけられることは目に見えている。必然的に「自宅飲み」が主流になる。でも家で飲む時はいつも安い発泡酒ばかり。飲みに行かないから、お小遣いもあまり減らなくなったし、たまには自宅でも美味しいビールが飲みたいってことで、このグロウラーが活躍する!と思っている。

検索すると、自宅の比較的近くでもクラフトビールが売ってたり、キャンプ場に行った時にもご当地のクラフトビールが売っていたりする。ぜひそういった時に使ってみたいと思っている。

グロウラーのブランド

なぜスタンレーのグロウラーを選ぶのか

そもそもグロウラーというものの存在を知ったのは、スタンレーの製品を見たから。他のブランドにどんなものがあるのかも知らなかった。だからグロウラーの購入はスタンレー一択だった。

デザインがかっこいいからコップやシェイカー等、以前からコツコツとスタンレー製品を集めていた。やっぱり自分の好きなものを使うとテンションも上がるし、そういう好き嫌いっていうのは結構大事だと思う。ちなみにコップ2個ついている。

f:id:uska:20210418230049j:plain
f:id:uska:20210419010511j:plain


f:id:uska:20210418230130j:plain

スタンレーのグロウラー

グロウラーは本来はビールの持ち運びで使うから、炭酸が抜けないように密閉と保冷が重要。掛け金がついていて、密閉性はかなり高そう。保冷機能についてはあまり心配していない。本当に美味しいビールが飲めるのかな??

f:id:uska:20210418231128j:plain
f:id:uska:20210418231151j:plain
 
他にもこんなブランドあるけど少し高いし、俺はスタンレーで十分だと思う。 

ビールの代わりにコーラで実験!

他の人のブログを見ると、氷を入れて持ち運ぶのに使っている人もいるようだ。なので、今回はビール(の代わりにコーラ)と氷の両方の性能を試してみた。

ビールで実験するのはちょっともったいなかったので今回はコーラ。気温は16℃。

開始(8:30) 飲み物温度9.0℃

f:id:uska:20210418232226j:plain
f:id:uska:20210418232312j:plain
f:id:uska:20210418232447j:plain

開始3時間(11:30) 飲み物の温度9.8℃

ちょっと温度は上がったけど全然美味しく飲める。空けた時、圧がかかっていてシャンパンのコルクを抜く時のような音がする。密閉度合は問題ない。

f:id:uska:20210418234609j:plain
f:id:uska:20210418234546j:plain

開始6時間(14:30)飲み物の温度10.2℃

感覚的には少しぬるく、炭酸が抜けてきているのはわかる。開ける時には「ポン!」と大きな音がする。密閉はしっかりされている。(写真撮り忘れた)

開始8.5時間(17:00)飲み物の温度12.2℃

飲み物の温度も12.2℃と明らかに上がっていて、炭酸が抜けているのもはっきりとわかる。この状況では飲めるかというとちょっと厳しいかなという感じ。

f:id:uska:20210419000453j:plain

感想(これがあればご当地ビールも美味しく飲める)

おそらく美味しく飲めるのは、体感で開始6時間までが限界という印象。ただ、今回は、もともとのコールドドリンクの温度が9.8℃と普通よりも少し高かった。またちょくちょく開けたり閉めたりしたためヌルくなるのが少し早まったのだろうと思う。一回オープンしたら、そのタイミングで飲み切った方がいいと思う。とは言え、これだけ長く保つだけでも十分だと思う。

氷で実験してみた!

ネット等では運動会やキャンプ等で、氷を入れて持っていくのに使っているというのも見たので氷でも実験してみた。外気温は16℃。

開始(0:40)氷1,000gでスタート

f:id:uska:20210419002122j:plain
f:id:uska:20210419002440j:plain

開始7.5時間(8:00)氷950g

f:id:uska:20210419003110j:plain
f:id:uska:20210419003120j:plain

開始12時間(12:20)氷900g

f:id:uska:20210419003606j:plain
f:id:uska:20210419003629j:plain


開始21時間(21:40)氷752g

f:id:uska:20210419003954j:plain

感想(保冷性能は抜群!)

保冷性能はやはりすごく高いと感じた。氷がなかなか解けない。ちょこちょこ開けなければ24時間は余裕だし、もっと長持ちすると思う。保冷力は抜群だと思う。

まとめ 早くこれでビールが飲みたい

スタンレーのグロウラーは、ビールテイクアウト専用に作られているとあって、保冷力と密閉力が魅力だ。ビール以外にも使うことができるし、他のグロウラーと比べたことがないのでわからないが、個人的にはビール(炭酸飲料)6時間、氷24時間保つなら十分合格点だと思う。

注意するべき点(個人的おススメ)は、ビールは1度開けたらできるだけ早く飲み干すことが好ましいと感じたことくらい。

例えばキャンプで地元のクラフトビールを買って飲んだり、氷を入れていって、クーラーボックスの代わりに使ったり、ビール以外の用途でも色々と使える。早くこれ持ってキャンプに行ってご当地ビールを飲みたいよ。